瀧澤一寛(たきさわかずひろ)

「からだの要求」に適うよう、現在も師の下で学びながら、健康維持のお手伝いをしています。

この業界に入ったきっかけと経歴

小さい頃からからだを動かすことが好き。

小中高はバスケットボール、高校を卒業してからは格闘技や武術に興味を持ちました。

それが高じてからだに関わる仕事がしたいと思い、鍼灸マッサージの専門学校に入学。

2006年に鍼師、灸師、あん摩マッサージ指圧師の免許を取得。

卒業後は鍼灸接骨院に4年間勤務(副院長職も経験)。並行して中医専門の鍼灸院で3年間の研修。

2010年から訪問マッサージの業界に移り、4年間で2社(それぞれ2年ずつ)に勤務。

2014年から久慈市で開業。

師(からだ)との出会い

いろいろな先生方に症状の見方やテクニックを教わり、実践していましたが、何か一つ、軸となるものを学びたいと思っていました。

そんなとき、一冊の本と出会いました。後に師事することになる三浦寛師の「快からのメッセージ 哲学する操体」です。

すぐに理解できるような内容ではなかったのですが、ひびいてくる直感に従って臨床を受けに行くことに。

実際に体験して感じたことは、「施術者がしたいこと」や「患者さんがしてほしいこと」があるように、「からだ」にもしてほしいことがあるということ。

今まで症状の見方やテクニックというアプローチの勉強はしてきましたが、アプローチする以前に「からだからのメッセージ」を受けとる、ということは考えたこともありませんでした。

特に印象的だったのは、先生のことばです。

今まで味わったことのない世界に「先生、凄いですね」と伝えると、「オレが凄いんじゃない、からだが凄いんだ」というひとこと。

三浦先生との出会いは、「からだ」そのものとの出会いでもあったのです。

ここから師の下で勉強がはじまり、今では「からだの要求に適う感覚」が軸になりました。

大切にしていることは、「からだ」に生かされている実感と感謝。

「からだの要求」に適うように、師匠や同志達との「からだ」をとおした学びは継続中です。

好きなこと・必要なこと

・からだの表現を感じること

・自然の中にいくこと

・散歩すること

・お風呂、銭湯、温泉