「きもちよさ」で肩こりは変わります

よく肩がこると、こったところを自分で揉んだり、人に揉んでもらう、という話を伺います。

揉むこと自体は手段の一つですので、良し悪しはありません。ただ、時に刺激的な圧は「からだ」に拒まれることがあります。揉み返しなどがそうですね。

上手なマッサージ師ほどその加減を心得ていますが、それには経験に培われた手の感覚というものが必要となります。

操体法専門のてまり堂ではこったところを揉むことはありませんが、「からだ」が変化することで「こり」も変化します。どうするかというと、「きもちよさ」を味わって頂くのです。

肩こりに限った話ではありませんが、腰痛でも、頭痛でも、便秘でも、急性の内臓疾患や器質的な異常がない場合においては、「きもちよさ」を味わうことで症状が変化することが多いようです。といっても、きもちよければ何でもいい、というわけではありません。

その「きもちよさ」とは、「からだにききわけたきもちよさ」です。

「からだにききわけたきもちよさ」は、自然とからだがゆるんだり、からだが軽く感じられたり、手足が温かくなったり、眠くなったり、お腹が動いてきたり、息が深く吸えるようになったり、普段の日常ではなかなか味わえないような感覚です。「からだの悦んでいる声」と言ってもいいかもしれません。

施術自体は「何をされているのかよく分からないな」という場合でも、「リラックスできた」「きもちよかった」「眠ってたみたいです」とおっしゃる方もいらっしゃいます。こんな感じを味わったあとは、大抵今まで気になっていた肩こりが消失したり、減弱したりしています。

また、何も感じられないからといっても、ご心配はいりません。「からだ」自体がきもちよさを味わってくれているので、本人も気づかないところで「からだ」はちゃんと変化しています。

「からだ」が変化して、受けている方の「からだ」の感じ方も変化して、抱えていた症状も変化する。

肩こりには色々な対処法がありますが、できれば「からだ」も「あなた」も「きもちいい」って味わいながらゆるんでくれたらいいな、と思っています。

ご予約はこちらから
20170820_113333