「きもちよさ」で肩こりは変わるという話

肩こりに限った話ではありませんけど、腰痛でも、頭痛でも、便秘でも、急性の内臓疾患や器質的な異常がない場合においては、「きもちよさ」で変わることが多いです。

よく肩がこると、こったところを自分で揉んだり、人に揉んでもらう、という話を伺いますけど、もっと違うやり方もありますよ、とお伝えしたくなります。

揉むこと自体は悪いことでも何でもないんですけど、時に刺激的な圧は、「からだ」に拒まれることがある。あとで揉み返すとか。それを上手に見極めて施術するのがプロの按摩マッサージ指圧師です。

ただ、こりを揉まなくても、こりをゆるめるやり方があります。

それは「きもちよさ」を味わうことです。

といっても、きもちよければ何でもいい、というわけではありません。

その「きもちよさ」とは、「からだにききわけたきもちよさ」です。

僕は今操体専門の施術をしていますけど、やっていることはここに行き着きます。

いかに、「からだにききわけたきもちよさ」を味わっていただけるか。

「からだにききわけたきもちよさ」は、自然とからだがゆるんだり、からだが軽く感じられたり、手足が温かくなったり、眠くなったり、お腹が動いてきたり、息が深く吸えるようになったり、忙しい日常では味わえないような「感じ」です。

それも、毎回感じ方は変わります。なかには、ちょっと何をされているのかよく分からないな、という場合もあります。何も感じられないからといっても、ご心配はいりません。

からだ」はちゃんと変化しています。

「からだ」そのものが、きもちよさを味わってくれているから。

こんな感じを味わったあとは、今まで気になっていた肩こりが消失したり、減弱していることが多いのです。

「からだ」が変化して、受けている方の「からだ」の感じ方も変化して、抱えていた症状も変化する。

「からだにききわけたきもちよさ」を味わっていると、いろいろと変化するんです。

肩こりには色々な対処法がありますから、どれが一番とは言えませんけど、できれば穏やかなやり方で、「きもちいい」って味わいながらゆるんでくれたらいいな、と思います。

ご予約はこちらから
20170820_113333